2018.8.8 尻別川イワナ&ヤマメ祭り

2018年10月25日

お盆前の8/8、尻別川に行ってきました。

今回はフライは使わず、ルアーのみで勝負です。

朝イチは特に深い意味はなく支流の喜茂別川へ。

まずはヘビーシンキングのミノーでテンポよく探りを入れていきます。

どうやら今日はヤマメさんたち、やる気満々のようで

早速ボサ際から飛び出してきてくれました。

かわいらしいサイズのヤマメちゃん。

できればお兄さんサイズを連れてきて欲しいものです。

イワナちゃんも元気です。

そこそこのポイントを叩けば20cm前後のサイズがほぼ間違いなく反応してくれます。

大場所よりもボサ際なんかの小場所に魚が付いてる感じですね。

今日はいい一日になりそうな予感。

ほんの少しサイズアップ!(笑)

そういえば北海道のヤマメは殆どがオスばかり。

メスはオスとの餌場を巡る競争に負けて、海に下ってサクラマスになるそうです。

川の中は野郎ばかりで殺伐としてるってことですかね。

そんなこと考えながら川を歩いていたら、石の上にこんなのが。

恐らくコエゾゼミ…かな?

自信がないので、我こそは!って方がいらっしゃったら教えてください。

7月~8月頃に湧いてくるエゾゼミの仲間なのは間違いないと思います。

この時期は支笏湖のセミパターンが有名ですよね。

まだ生きていたので、木に戻してやってオサラバします。

天気もカラッと晴れて、北海道の夏らしい一日。

こんな日は釣りしてるだけで結構満たされちゃいます。

まぁお盆を過ぎたら夏なんて一瞬で終わっちゃうんですけどね。

 

 

で、今日は天気もいいしひたすらボサ打ちだなーと思いながら

若干水深のあるボサの奥に完璧なキャストが決まった次の瞬間。

リールを巻いた瞬間感じる重み。

「あ、草に引っかかったわ。ファッk…」

「ドバァン!!」

(゜Д゜)!?!?!?!

草じゃなくって魚でした、しかも普通にいいサイズ。

ただ、ヤマメにしてはでかすぎ…姿が見えたところでアメマスと確信。

浅瀬に寄せてランディング成功!

茶色が渋い綺麗なアメマスちゃん。

今シーズンはアメマスとご縁があるようですね。

この子も鼻が尖って格好良い。

あとはヤマメを狙うだけ。

 

このあと本流に移動して、ボサが多いお気に入りのポイントへ。

ちょびっとサイズアップして25cmほど。

尺まではいかないにしても、20台後半ぐらいのサイズは拝みたいな。

ここでもイワナちゃん絶好調。

数だけなら普通に20匹は超えてます。

あとは型物のヤマメさえ釣れれば…

釣れました!

27cmのヤマメ。どうも彼はせっかちらしく、もう秋色に染まってます。

気が覆いかぶさった岩盤の淵に隠れてました。

まぁ餌師やフライマンじゃこういう場所は打てねぇよな。

最後に綺麗なヤマメが釣れたんでお開きとしました。

 

あ、ちなみに。今日キープしたヤマメは全てオスでした。