渓流トラウトならこのラインを使うべし!おすすめ2選

2018年10月25日

渓流トラウトフィッシングのラインについてです。ラインに求められる性能っていろいろあると思います。たとえばキャストのしやすさ(抵抗の小ささ)、視認性、強度、感度、空気抵抗etc…。まぁ渓流トラウト専用のラインってラインナップが少ないんですが、今回は私が実際に使用したラインを2種類紹介したいと思います。

 

「ラインなんて500m巻の安物で十分だ」っていうそこの貴方!使って違いを実感してみてください。初心者の方はこのどちらかを使っていれば間違いないと思います(実際大学時代の釣りサークルでもこの銘柄のラインをすすめられました)。

 

 

1.トラウティスト ワイルド / サンライン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンライン(SUNLINE) トラウティスト ワイルド 150m 6lb スーパーマットグリーン
価格:879円(税込、送料別) (2018/9/18時点)

楽天で購入

 

これが私の一番のおすすめ。10年近くこのラインを愛用しています。理由は単純。「耐久度が抜群」だからです。渓流トラウトの場合、障害物の絡んだ場所を狙うことが多いですが、このラインは多少石に擦れたり枝に引っ掛けたりしても、少々のことじゃ切れません。またナイロンラインは水に浸けたり太陽の紫外線なんかで劣化していくんですが、このラインは丸1年使っていても強度自体はそんなに変わらないように思います。実際私も1年ごとに巻き替えをしていて、下巻きをして75mリールに巻くようにしているので1本買えば2年分使えます。50upのアメマスやニジマスを相手にしていても十分戦えます。

 

また、マットグリーンなので朝夕の暗い時間帯でも視認性は抜群。ルアーの場所が確実に分かるので、自分がトレースするコースに合わせてルアーのアクションを変えたり、障害物周りをタイトに攻めたり、追いかけてきた魚とルアーとの間合いを見ながら誘いを掛ける、なんてことも可能です。

 

欠点は巻きグセがつきやすいことですかね。トラブルが発生するほどではないですが、1ヶ月ほど使うと明らかに抵抗が増えてキャスト距離が落ちてきます。渓流ではそんなに遠投しないので私は気になりませんが、気になる人は気になるかもしれません。

 

 

 

2.スーパートラウトアドバンス / バリバス

バリバスのスーパートラウトアドバンス。トラウト用のラインといえばこちらを思い浮かべる方の方が多いかもしれません。私も何度か使ったことがありますが、キャスト性能は抜群です。ガイドの抵抗をぜんぜん感じないぐらいスムーズにラインが抜けていきます。視認性もそこそこですし、重たい流れの中でもラインの抵抗をあまり感じずにルアーを操作することができます。このへんは上で紹介したトラウティストよりも優れていると思います。

 

しかしながら、強度の面では多少不安があるように感じます。障害物も何もない場所で魚を掛けた際に何度かラインブレイクしたことがあり、それ以後使わなくなってしまいました。私は割とガサツな性格なので、恐らくラインが傷んでいたことに気づかず使っていたのでしょう。こまめにラインチェックしながら使える方には問題ないのでしょうが、私には合わなかったようです。実際、私の友人の何人かはスーパートラウトアドバンスを使っていますが、なんのトラブルもなく使っているようです。

 

また、このシリーズはPEラインやベイトフィネス用などのラインナップが豊富で、自分の釣り方に合わせたライン選択ができるのも魅力です。

 

 

以上が私のおすすめラインです。やっぱりトラウティストの方が好きなんでどうしても贔屓しちゃいますね。(笑)

まぁライン自体はそんなに高いものでもないんで、いろいろ使いながら自分に合ったラインを見つけてみるのもいいと思います。それでは皆様、良い釣りを!