フライフィッシングを始めたいけど、どんなラインを使えばいいの?

2018年10月25日

 

フライフィッシングをこれから始める人にとって、道具選びは最初の関門といってもいいでしょう。フライフィッシングの専門店が身近にある方はそうした悩みをすぐに解決できると思いますが、環境に恵まれた方ばかりではないはずです。今回はフライフィッシングを始めたい方向けに、ライン選びの考え方を解説したいと思います。

 

フローティングラインとシンキングライン

まず、フライラインにはフローティングラインとシンキングラインの2種類があります。管理釣り場や渓流での釣りであれば、基本的にフローティングラインを選んでおきましょう。シンキングラインは湖や本流でフライを沈めて使う場合に使用します。これを最初に選択するとドライフライでの釣りができなくなりますので要注意です。「WF‐5F」のような表記が一般的ですが、末尾のFがフローティングを意味します(シンキングの場合はSと表記されます)。

 

WFとDT

次に、WF(ウェイトフォワード)とDT(ダブルテーパー)の違いについてです。ラインの表記だと「WF‐5F」の先頭部分がそれにあたります。WFの場合は片方の先端部分のラインが太くなっており、その重さで遠くまでキャストできるという仕様です。逆にDTの場合は両端のラインの太さが均等で、どちらを先端にしてもキャストが可能です。ここは好みの問題ですが、私はWFをおすすめします。遠投する、しないは別にしても、WFの方がトップの重さがロッドにしっかり乗るため、キャストの感覚が掴みやすいからです。特に低番手のラインではこの感覚が掴みにくいので、DTよりもWFを使用したほうがキャストの上達は早いと思います。

 

ラインの番手

基本的にロッドとラインの番手を合わせるように選べば問題ないのですが、使うラインの番手を決めてからロッドを選ぶようにしたほうがいいでしょう。なぜなら、ラインの番手によって扱えるフライが違ってくるからです。基本的にラインの番手が上がるほど重いフライを投げることができます。いや、無理やり低番手のラインで重いフライも使うことはできるんですが…トラブルが増えたり投げにくかったりでストレス増えるんでオススメしません。以下にそれぞれのラインで扱えるフライをざっくりリストアップしましたので参考にしてください。

 

#3

#14前後のドライフライ、ニンフ、ウエットフライなどが中心になります。ミッジのような#18~#20の小さなフライを使う繊細な釣りに向いていますので、冬場のオイカワ釣りなんかも視野に入れている場合には#3が良いでしょう。逆に#10より大きいサイズは投げづらくなります。水を吸って重くなるゾンカーやウーリーバガー、空気抵抗の大きいホッパー、チェルノブイリアントなどの大型ドライフライなどはほぼ投げることができません。

 

#4

中心となるのは#3と同じく#14前後のドライフライ、ニンフ、ウエットフライなど。#10~#8ぐらいのサイズでもフライの重さ次第で充分投げることができます。ビーズヘッドの重めなニンフもアウトリガーであれば使えるかなー、といったところ。ウーリーバガーやゾンカーも#10ぐらいのサイズであれば投げることはできますが、遠投するには技術が必要です。大型ドライフライはそんなにストレスなく投げることが出来るので、ドライフライ中心の渓流釣りであれば、一番汎用性が高いのはこの番手かもしれません。

 

#5

#12前後のフライが中心になります。#6ぐらいのウーリーバガーでもストレスなく投げることが出来るので、ニンフやストリーマーを多用する状況ではこの番手が有利です。管理釣り場や開けた渓流域にもってこいです。また、#18ぐらいのフライでも普通に扱えます。私は北海道の渓流では専らこの番手を使っています。

 

ラインの番手とフライの関係から考えると、「小さめの渓流でイワナやヤマメなどを狙うドライフライを中心にした釣り」をしたいのであれば、#3~#4が適しているでしょうし、「比較的開けた川や管理釣り場でニジマスやブラウン、アメマスなどを相手にする釣り」をしたいのであれば#5が妥当なところでしょう。

 

参考までに、私は岡山・鳥取の渓流では#2で遊んでました。山岳渓流でドライフライを使った釣り上がりでヤマメ・イワナを狙うにはこれで十分です。北海道に来てからは#4/#5をメインに使っています。大きめのニンフやウエットを使う機会が増えたので、#4だと少し物足りない感じがしますね。

 

以下に実際のフライラインを紹介します。輸入品もありますが、基本的にフライの道具は海外の方が充実しているようです。私が使っている銘柄も紹介しますので、ラインを選ぶ際の参考にしていただけたら幸いです。

 

エアセル フローティング / サイエンティフィックアングラーズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Scientific Anglers エアセル フローティング
価格:4428円(税込、送料無料) (2018/9/20時点)

楽天で購入

 

サイエンティフィックアングラーズはアメリカのフライラインブランドで、70年の歴史がある老舗ブランドです。このエアセルは価格も比較的安く、フライラインとしての性能も必要十分で初心者の方におすすめです。フロントループも装着してあるので、リーダーとの結節も楽で使いやすいです。私はこれのWF-5Fを使ってます。また、シューティングヘッド、シンクティップ、ランニングラインなどラインナップは多岐にわたりますので、フライフィッシングの泥沼にはまった方は、きっとこの先もお世話になるはず…(笑)

 

エアーズフライライン / バリバス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バリバスエアーズ フライライン[ウエイトフォワード]30yds(27m)
価格:5378円(税込、送料別) (2018/9/20時点)

楽天で購入

 

ルアーアングラーならお世話になっている人も多い、ご存知バリバス社のフライラインです。上記のエアセルよりも若干高めの価格設定ですが、安心と信頼の日本製の製品です。硬めで摩擦抵抗の少ない「ダブルフレックスハードコーティング」による遠投性能が売りのラインです。管理釣り場などで威力を発揮するでしょう。また、ラインのカラーもオレンジ・パープル・サンドの3種類から選べるのがうれしいところ。

 

エイシスフライライン / アキスコ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アキスコ エイシスフライライン WF
価格:2916円(税込、送料別) (2018/9/20時点)

楽天で購入

 

日本の老舗フライブランド、アキスコのフライラインです。オーソドックスなフローティングラインですが、価格が抑えられているのが有難いところです。ネットショップを見ているとこれよりも安い謎のオリジナルフライラインが結構出回っていますが、個人的に無名ブランドのラインは地雷だと思っています。やはりある程度信頼できるブランドのものを買っておいた方が長く使えて結果的にコストも抑えられるかと思います。

 

 

 

フライフィッシングは奥が深く、ラインひとつ取っても無数の選択肢があります。その無限の選択から正解を導き出す楽しさもフライフィッシングの醍醐味の一つと言えるでしょう。今回はあくまで私なりの考え方を掲載しましたが、自分なりに考えながらベストな道具を選んでみてください。

 

それでは皆様、よい釣りを!