海アメ・海サクラに使いたいロングミノー3選

2020年4月12日

どうも、いわな坊主です。

今回は海アメ・海サクラのミノーイングについて解説したいと思います。ここでは私のホームグラウンドである道南日本海エリアに主眼を置いて説明します。

海アメ・海サクラの釣りでミノーに要求されるのは2つ!キャスト時の飛距離と泳ぎの安定性です。冬の日本海は爆風が吹き荒れます。どんなに泳ぎのいいミノーでも、飛ばないことには勝負になりません。また、荒れた日には1.5~2mの波の中でルアーを操作しなければなりません。多少波に揉まれてもバランスを崩さず泳ぎきる安定性が必要になります。何よりまともに釣りができないと心が折れます。(笑)

ミノーのサイズ自体は14cm前後のロングミノーが効果的な場面が多いです。シーズンを通してよく捕食されているのが10~15cm程度のカタクチイワシとオオナゴで、このサイズに近いシルエットの細めなミノーであれば何でも食ってきます。基本的に海アメ・海サクラはシーバスほどベイトのサイズやシルエットにこだわっていないようで、多少サイズが違っても大丈夫です。それよりも上記の2点を重視してください。

釣り方としては、最初は14cmのシンキングミノーで広範囲にランガンしながら探っていきます。あくまで私の経験則ですが、1箇所で回遊を待ち続けるよりも、広範囲を歩きながらポイントになる離岸流や根の周りを打って行ったほうが釣果が上がる場合が多いです。そこでプレッシャーが高い、あるいはベイトのサイズが小さいと感じたらミノーのサイズを落としたり、魚が岸よりも遠くにいると感じたらジグ・ジグミノーを投げたり、といった感じで投げるルアーをローテーションしていきましょう。

以下におすすめのミノーを紹介します。このエリアでは王道のルアーばかりなので、ぜひとも使ってみてください。

  1. ショアラインシャイナーSL145F
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ ショアラインシャイナー SL145F
価格:1814円(税込、送料別) (2018/11/8時点)

楽天で購入

スライド式の重心移動により圧倒的飛距離を誇るダイワのミノーです。高速で巻いても飛び出しにくいので、高速巻きを多用する海サクラでもストレスなく使えます。ただし、波に揉まれると飛び出しやすいのが欠点で、波の高い日は使い方にコツがいります。ひとつ下のサイズの125を用意しておくと、プレッシャーが高い状況でも対応できるでしょう。

2. タイドミノースリム140フライヤー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュオタイドミノースリム140フライヤー ADA0014 カタクチ/メーカー [デュオ DUO]
価格:1823円(税込、送料別) (2018/11/8時点)

楽天で購入

こちらはデュオのシーバス用ミノーであるタイドミノーシリーズの一つで、シンキングのミノーです。こちらも重心移動で飛距離が出ますが、ショアラインシャイナーよりも若干劣るかな~といったところ。しかしながらリップの水噛みが良く、波やうねりのある日でも飛び出さずにしっかり波打ち際まで泳いでくれます。なので、私は波のある日はタイドミノー、穏やかな日はショアラインシャイナー、といった具合で使い分けています。欠点を挙げると、リップが折れやすいことでしょうか。強い衝撃を与えるとリップが折れるので、波打ち際でのピックアップの際は要注意です。

3. ログサーフF144

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バスデイ ログサーフ F 144mm M-14 アカキン
価格:2081円(税込、送料別) (2018/11/8時点)

楽天で購入

こちらのミノーはヒラメ釣りをしている人がよく使っているかと思います。水噛みが良くやや大きめのアクションが特徴です。引き抵抗が大きいので、サーフの潮流を掴みやすく離岸流を打っていくにはもってこいのミノーと言えるでしょう。