筋肉ムキムキのスーパーランナー、北海道のニジマスの釣り方

2020年7月31日

どうも、いわな坊主です。

北海道の人気ターゲット、ニジマスについて解説してみたいと思います。

ニジマスの生態・特徴

サケ科サケ属の淡水魚で、原産地は北アメリカ大陸です。日本国内に生息するものはすべて移入・放流によるものですが、北海道ではそれらが再生産し、天然の水域で繁殖を繰り返しています。幼魚にはパーマークがあるので一見するとヤマメに似ていますが、背鰭や尾鰭の黒点が多いため区別できます。このパーマークは成長とともに消失していきいます。大型に成長し、支笏湖や洞爺湖では70cmを超えるサイズがキャッチされています。

産卵期は5月~7月頃で、河川によってその時期はまちまちなようです。道央。道南では6月に入る頃には産卵が終了しているように感じます。

原産地の北米大陸では海に降りる個体(スチールヘッドトラウト)がおり、釣りのターゲットとして人気があります。本州では降海個体は希なようですが、北海道では割と普通に海と川を行き来しているように思います。

上の写真は私が学生時代に釣り上げたもので、体側のレッドバンドが消失し銀化しています。まぁ実際海に降りたかどうかは、耳石を取り出して、そこに含まれるストロンチウムとカルシウムの元素の比率を測定しないと断言できないんですが、外見的な特徴から判断すると恐らく海から上がってきて間もない個体なんだと思います。

私がかつて住んでいた函館市周辺ではこうしたニジマスが時々釣れていましたし、友人がとある漁港でロックフィッシュを狙っていたらニジマスが釣れた、なんて話もありまして、恐らくニジマスが生息している小河川なら降海個体は普通に出現していると思われます。

ただ、北米大陸で釣れているような大型化して遡上してきた個体は希なようで、静内川や尻別川の本流など、一部の河川でしか狙うことができないようです。やはりスチールヘッドというワードは、そうした大型の遡上個体にこそふさわしい名前なのでしょう。

ニジマスの釣り方

北海道の河川では、場所にもよりますがアベレージサイズは20~30cm程度です。しかしながら尻別川や十勝川などの大きな河川の支流では50cmを超えるサイズも普通に釣れるので、強めのタックルで臨みましょう。渓流域であればルアーなら5~6ftのライトクラスのロッドが取り回しがいいでしょう。フライであれば7.3~8.0ft、#3~#4ぐらいのロッドです。餌釣りなら川幅にもよりますが、3~5mくらいののべ竿を場所に合わせて使います。

以下の記事で北海道の湖と渓流におけるルアータックル選びについて触れてみたので、よかったら参考にしてみてください。

北海道の渓流おすすめタックル!4つのシチュエーション毎に解説します!

北海道の湖でおすすめのルアータックル

狙う場所は北海道のアメマスの釣り方でも紹介しましたが、淵や岩の陰、ボサ下などの身を隠せて尚且つ餌の流下がある流れの中です。夏場の水温が上がってくる時期は特にボサ下のような影になる場所や瀬の中の障害物周りに入ってくることが多いです。

ルアーを使うなら、5cmクラスの小型のもので太めなシルエットのヘビーシンキングミノーや5g程度の小さめのスプーンが結構実績があります。こちらの記事で北海道のおすすめルアーも紹介していますので参考にしてみてください。

北海道の渓流にはヘビーシンキングミノー!おすすめ5選をピックアップ

いずれも上流側にキャストしてアップ~アップクロス気味にトゥイッチしたりシェイクしたりアクションをつけながら、流される昆虫を意識して使うといいでしょう。同じポイントでも何回かルアーを流した後に反応が得られることもあるので、ここぞという場所では粘ってみるのもコツです。また、低水温期などの活性が低い状況では、ダウンでシャッド等をポイントに流し込んでゆっくりただ巻きしてやると効果的です。大型の個体は特にそうしたネチネチ系アクションに弱い傾向があります。

フライはどんなパターンでもよく釣れますが、ピーコックやアイスダブなどの光り物を使ったフライやチェルノブイリアントなどのフォームを使ったテレストリアルパターンで好釣果が上がるようです(もちろん使うフライは状況に応じて判断しましょう)。水面への反応がない場合は、#6~#10ぐらいのレッドワイヤをしこたま巻いたビーズヘッドニンフなんかも効果的です。水深のある淵や瀬でアウトリガーで狙うと爆釣することがあるので、何本か用意しておくといいでしょう。

道央地域では雪代が収まる5月上旬~中旬頃からシーズンが始まり、雪で閉ざされる12月上旬まで釣りを楽しむことができます。5月~7月頃はルアーでもフライでも数釣りが楽しめる時期で、どんなパターンでもよく釣れますが、釣り人も多い時期なので小場所のスレていない魚をいかに拾えるかが釣果につながります。8月~9月は水温が上がるため反応が悪くなりますが、湧水河川や上流部の支流に入っている魚を狙いましょう。秋になると今度は淵に溜まる魚が増えてきます。穏やかな天気の日中にはプールでライズする魚も見られます。意外な大物が淵の底にいることもあるので、この時期は大場所を中心に狙いましょう。