冬のレジャーにおすすめ!札幌近郊で楽しめる茨戸川のワカサギポイント

2020年4月8日

どうも、いわな坊主です。

北海道の冬の風物詩といえば氷上ワカサギ釣り!本格的にシーズンが開幕し、各地から釣果が聴こえてくるようになりました。今回は札幌の中心部から簡単にアクセスできる、茨戸川のワカサギポイントを紹介していきます。

茨戸川とは?

茨戸川は石狩川の三日月湖のひとつで、札幌市中心部から北に位置し、車で30分程度で到着できる近場のワカサギスポットです。年や場所によりますが、1月上旬から2月下旬頃まで氷上ワカサギ釣りが楽しめます。茨戸川は基本的に遊魚料がかかりませんが、自分で穴を掘ってポイントを作ったりテントを張ったりする必要があります。今回は比較的アクセスしやすい4箇所を中心に、周辺の休憩ポイントなんかも紹介したいと思います。

 

真勲別

茨戸川の中でも最も北側の釣り場で、早場として有名です。1月上旬頃から釣りが楽しめます。駐車スペースがないため路上駐車となります。大きめのサイズが釣れることで有名で、数も釣れるため人気のあるポイントです。車から釣り場までの距離が若干遠く、トイレが近くにないので女性や子供と一緒に行くにはちょっとしんどいかもしれません。

サーモンファクトリー前

佐藤水産サーモンファクトリー工場前のポイントです。佐藤水産がワカサギ釣り客用に駐車場を開放してくれているので、指定の場所に駐車しましょう。あくまで会社の善意で駐車場を開放して下さっているので、迷惑のないように最低限のマナーは守りましょう。トイレも利用させてもらえるので、女性にもおすすめです。石狩湾新港に続く放水路が近くにあるんですが、その周辺が魚影が濃いようです。水の動きがあるポイントなので、氷の厚さには注意して場所を選びましょう。

ちなみに、この佐藤水産サーモンファクトリー工場では色々な海産物の加工品を販売しています。ちょっとリッチな酒の肴が欲しくなったら是非寄って買い物して帰りましょう。お歳暮やお土産なんかにもぴったりです。特に本州の人には喜ばれるかと思います。また、時期によるかと思いますが秋鮭の切り落としやカマなんかが格安で売られていることもあります。撤収ついでに覗いてみることをおすすめします。

ガトキン前

ガトーキングダムの対岸側に位置するポイントです。釣り場の目の前に駐車スペースがあるので、荷物の持ち運びも楽でファミリーにおすすめです。15台程度しか駐車できないので早めの出撃をおすすめします。常連さんの話によると、夜明け~10時ぐらいまでと、14時~日没前ぐらいの時間帯が時合いになることが多いようです。

 

 対岸のガトーキングダムは宿泊施設ですが、日帰り温泉や屋内プールも楽しめる施設です。冷えた体を温めたり、釣りに飽きたらプールで遊んだりと、家族ぐるめのレジャーにもってこいです。料金等の詳細は下記ホームページでご確認ください。

 

シャトレーゼ ガトーキングダム プール・温泉

 

 

とれた小屋ふじい農園

利用料がかかりますが、トイレ・駐車場完備、ビニールハウスや穴あけサービスまであり、釣竿などもセットで借りることができます。手ぶらで遊べるのでワカサギ初挑戦の方でも大丈夫です。料金等の詳細は「とれた小屋ふじい農園」のホームページをご確認ください。

 

とれた小屋ふじい農園 ワカサギ釣り料金 2019年版