道南日本海の海アメ釣り!島牧村のポイントを大公開!

2020年7月31日

どうも、いわな坊主です。

寒い日が続いていますが、こんな時期こそアツい海アメ釣りに出かけましょう!!今回は海アメダービーが開催される海アメの聖地、島牧村のポイントを紹介したいと思います。雑誌等でも取り上げられる超有名ポイントばかりですが、島牧村での海アメ歴がようやく10年を迎えましたので、それなりに有益な情報を提供できるかと思います。

①~③ 中の川河口~折川河口

広大なサーフが広がるエリアで、私の大好きなポイントの一つです。①~②のサーフは広くランガンして探りましょう。波の高さは1m~1.5mぐらいがベスト。離岸流やブレイクが比較的わかりやすい場所なので、地形の変化がある場所を狙っていきましょう。また、遠浅なポイントなので、潮位が高いタイミングの方が釣果が上がることが多いような気がします。③の折川河口も毎年ダービーにでかいアメマスが登録されるポイントです。波が経つと全体に濁りが入るので、蛍光カラーなどの目立つルアーで探っていきましょう。

④大平ワンド&磯

海アメの早場として外せないポイントです。12月のダービー開幕当初はこのポイントで大型魚が多数登録されています。ワンド内部よりも磯の方が実績が高く、水深もかなり深いです。ジグを中心に探っていって、ベイトサイズが大きいようであればミノーを投入するといいでしょう。また、ワンドに流れ込む大平川は保護水面(4月~12月禁漁)です。河川内では釣りができないので注意しましょう。

⑤~⑨ 江ノ島海岸一帯

海アメ発祥の聖地、江ノ島海岸です。海岸一帯がポイントなんですが、ここ数年の傾向では生コン裏~整備裏ワンドあたりが実績が高いように感じます。あの辺りは沖に根が点在するため、そこが魚の回遊コースになったり付き場になっているようです。逆に18番の駐車場前は、ここ数年で砂が埋まってきて非常に浅くなってきています。かつては大型が連発することも多々あった場所ですが、現在ではあまりそうした話は聞きません。ただ、沖の離岸堤のおかげで波が高くても釣りが可能なポイントで、2.5mぐらいまでは何とか釣りになります。荒れた時にどうしてもサーフで釣りたい場合はここに来ましょう。

また、江ノ島海岸一帯に言えることですが、ここは当たり外れが大きいポイントです。ベイトや魚の気配が感じられない場合は、ほかの場所に移動して様子を見ることをおすすめします。

⑩~⑬ ホッコクマ~千走漁港

ホッコクマは江ノ島海岸と千走川の間に位置する磯で、春先に大型のサクラマスが上がることで有名です。近年はサクラマスブームでここのポイントはサケ釣り状態になっているのであまり私は行ってないんですが、平日なら多少空いているかもしれません。また、大型の海アメも回遊するポイントで、12月頃でも釣果が上がります。ほかのポイントがダメな時に入ってみるといいでしょう。

⑪~⑫は千走川河口のサーフです。ここも生コン裏のように沖に根が点在するため、根の周りを意識してランガンしましょう。水深は浅いのでミノーでの釣りがおすすめです。ジグを使ってると結構根がかりします。春のサクラマスの実績が高いポイントですが、5/1からは河口規制が入るため釣りは控えましょう。

⑬の千走漁港はサーフが時化で釣りにならない時の逃げ場です。外海が荒れた時にアメマスが入ってくることがあるので、港内を狙ってみましょう。外海の堤防の先端もポイントで、ここ数年は大型の海アメが結構上がっているようです。かなり忍耐の必要な釣りにななるので私はあまり好きではないんですが、サーフに魚っ気がないときは探ってみるといいでしょう。漁港に隣接するサーフもポイントで、大型のアメマスやサクラマスの実績があり意外と馬鹿にできません。特に春先のサケ稚魚シーズンはこの周辺に溜まったサケ稚魚を食べにみんな集まっているようです。フライの人が爆釣しているのを時々見かけます。

⑭⑮ モッタ海岸

大きなゴロタ石が転がるサーフです。点在する根の周りがポイントで、ここも毎年ダービーにでかい魚が登録されているポイントです。栄浜漁港も時化の時の逃げ場で、アメマスの群れが入ってくることがあります。他の場所が釣りにならないときは探ってみましょう。

いかがでしょうか。有名どころばかりではありますが、ベイトの有無や風向きなどその日の状況をよく判断して釣りに入るポイントを決めていきましょう。また、島牧沿岸でおすすめのタックルも紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

北海道の海アメ・海サクラ釣り!おすすめのタックルは?