ルアーフィッシング始めたい人向けのロッド選び。最初の1本はスピニングのバスロッドがおすすめ!

2019年3月17日

どうも、いわな坊主です。

今回はルアーフィッシングを始めたい人向けに、ロッドの選び方を解説していきたいと思います。

ここ数年の道具を見ていると、様々な釣りのジャンルに沿って、専用の釣りに特化したタックルが増えてきているように感じます。ある程度自分のやりたい釣りが決まっているのであれば、そうした専用ロッドの比較的安いモデルを買って使ってみるといいでしょう。しかし、とりあえず1本竿を買って、それで色々釣ってみたい!という人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。今回は後者の人向けに、とりあえず1本目のロッドは汎用性の高いバスロッドがいいよ!っていうお話です。

何故バスロッドなの?

答えは簡単、いろんなターゲットを狙えるからです。もちろんバスロッドはバス釣りに特化したロッドであることは間違いないんですが、メバルやカサゴなどのロックフィッシュ、チヌ・シーバスなどを狙った汽水の釣り、夜のナマズ釣り、管理釣り場や渓流でのトラウトフィッシング、エギングなど様々な釣りをバスロッド1本でカバーできてしまうんです。当然各種ターゲットに合わせた専用ロッドと比べると使い心地や性能は劣りますが、逆にどのジャンルでもそれなりにこなせるのはバスロッド以外無い、と言っても過言ではありません。

また、チョイ投げやサビキなどの餌釣りでも十分活躍してくれます。私も今ではそれなりにロッドを揃えていますが、釣りに目覚めて間もない中学生の頃は、バスロッド片手に海から山までいろんな釣りをしたものです。そうやって色々やっていくうちに、こういう釣りにはもっとこんな道具が欲しい!こういうルアーを使いやすいロッドが欲しい!といった願望が湧いてくるはずです。ほかのジャンルのロッドを買うのは、それからでも遅くありません。

 

ロッドの長さを決める

長さは6.0ft~6.6ftの間で選ぶようにしましょう。だいたい自分の身長よりも10~20cm程度長いかな~ってぐらいの長さが使いやすいです。基本的に竿が長くなればなるほど、遠心力で遠くの場所までルアーを投げることができます。反対にキャストコントロールは竿が短くなればなるほど良くなります。このバランスが一番良いのが自分の身長よりちょっと長いくらいの長さ、ってな訳です。

 

ロッドの硬さを決める

ズバリ、ライトアクション~ミディアムライトアクションのロッドにしましょう。適合するルアーウェイトが3~10gぐらいのロッドがそれにあたります。このアクション表記が実に厄介で、メーカーによって硬さが異なる上に同じメーカーでもバスロッドとトラウトロッドでは同じ表記でも硬さが全く違います。3~10gのルアーウェイトであれば、メバルやトラウトを狙う軽めのルアーも投げることができますし、シーバス用のミノーやメタルバイブレーションも物を選べば使うことができます。

 

 

私が一番オススメなのは大手のシマノから発売されているバスワンです。

 

 


私も幼い頃世話になったロッドです。ベイトモデルもありますが、スピニングタイプの方が初心者の人には断然扱いやすいです。適合ルアーウェイトも3~10gなので、どんなルアーでもそれなりに使うことができます。上記の商品は6.3ftですが、同じミディアムライトのスペックで6.6ftもラインナップされていますので、身長が高い方はそちらの方が使い勝手がいいと思います。昔のモデルはコルクグリップだったのですが、現行モデルはEVAグリップなので海で使っていてもあんまり違和感ないです。値段もお手頃なので、とりあえず幅広く使えるルアーロッドが欲しい!って方にはこれがおすすめです。