2019.02.23 苫小牧の小渓流で春の渓流釣り!

どうも、いわな坊主です。最近気温も上がってきたので、苫小牧の小渓流にニジマスを狙って釣りに行ってきました。今回は大学時代の同期と現役生の後輩との釣行です。私はフライ、あとの二人はルアーで攻めていきます。

朝イチは一発大物を狙って支笏湖へ向かいました。気温が上がってから渓流に入る作戦です。美笛のゲート前に車を止めて、インレットへ歩いて向かいます。

朝日が綺麗ですね。ロケーションは最高ですが、魚の方は…

さすが支笏湖、そう甘くはありませんでした。2投で凍るガイドの氷を取りながらの過酷な釣り。気温は夜明けの時点で-8℃。こんな極い釣りは久しぶりじゃ…。

途中から向かい風が吹いて波が立っていい感じになったんですが、3人とも反応なし。もっと気温が上がるタイミングなのか…?

8時半頃まで延々と投げ続けて心が折れ、苫小牧方面の渓流に向かうことにしました。

入ったのはこんな感じの場所です。千歳のママチ川に渓相がよく似ています。どうやらこの近辺の河川は湧水が豊富で、冬場でも水温が安定していて魚が結構反応してくれるんだとか。噂の通り、入渓直後の淵で同期がイワナっぽい魚をバラしました。

俄然やる気が出て、川を上っていくと…

同期がやってくれました!スプーンでゆっくりと攻めてたら出てきたそうです。サイズは小さいですが、久しぶりのトラウトに3人とも大はしゃぎで、魚を囲んで写真を撮りまくりました。(笑)

同期が同じ場所でもう1匹イワナを釣り、やる気に火が付きます。フライのサイズを#12⇒#8にサイズアップし、餌釣りスタイルでニンフを深場に送り込んでいきます。そしてようやく待望のアタリが!

出ました!ロリロリヤマメ!!15cmも無いくらいの小さいヤマメですが、今年の初トラウトです。模様を見る限りでは、小さいながらも2歳魚ぐらいだと思われます。この川の過酷な環境が伺い知れます。何はともあれ坊主回避に成功です。このあと同じパターンで同じようなヤマメを3本ぐらい釣りました。

川岸にはフキノトウが顔をのぞかせていました。ふき味噌を作るため、少しばかり頂戴していきます。春はすぐそこですね。

2時間半ほど川を上ってそこそこ魚も釣れたので、夕マズメは再び一発大物を狙って千歳川の長都大橋へ向かいました。

DSC_0545

結果は…お察しのとおり全員無反応!ここでもガイドの氷を取りながらの過酷な釣りとなりました。まぁこんなもんでしょう。(笑)

寒いながらも魚の顔が拝めて楽しい釣りとなりました。最後は後輩おすすめのラーメン虎で、〆のラーメンを食べて解散となりました。

なんだか海も調子がいいみたいだし、次は積丹か島牧に行ってみようかな。