2019.03.09 爆風の日本海、余市川で何とかボウズ回避!

どうも、いわな坊主です。

先日大学時代の同期と現役の後輩の3人で海アメ・海サクラを狙って日本海に出撃してきました。当日は風速10mを超える爆風予報。当初の目的地は島牧村だったんですが、弁慶岬をかわした途端に爆風が吹き荒れ、沖では白波がうねっている様子から釣り不可能の判断を下し、ひとまず寿都の磯で朝マズメを迎えました。

定置網が3本ほど入っていたので、魚は岸寄りしてきているんでしょうが…反応なし!実績のあるポイントだけあって、人も結構入ってましたが周りも釣れてる気配がありません。1時間半ほどやって歌棄の風車裏サーフに移動します。

DSC_0570

海の方はいい波が立ってます。潮目が沖から差してきて、離岸流もできてていかにも釣れそうな雰囲気!ひたすらキャストを繰り返しますが…

無反応!!

同期や後輩も反応がないとのことで、積丹方面に向かいながら様子を見て、釣りができそうな場所でやってみることに。

しかしながら、午前10時を過ぎた頃から風が強まり、沖は白波立田山。岩内~西積丹は壊滅的状況。東に逃げて美国漁港の近くの磯で何とか2時間ほど釣りしてみたものの、風が強まり釣果も上がらず、逃げ場がなくなり余市川に退避することになりました。

とりあえず橋の近くに車を止めて、魚が溜まりそうな淵を3人で探ることに。

そして開始早々、後輩が「き、きましたぁ~~~!!」

ゴン太のアメマス!40cmちょいぐらいのサイズでしたが、めちゃめちゃ太いかっこいいアメマスでした。スプーンでボトムをゆっくり引いてたら来たそうです。

これは俺にもワンチャンあるか!?…と思って頑張ってみたものの、その後は続かず。この1本のみで本日の釣行は終了となりました。いや、だって寒いし釣れないんだもの。(笑)

でも、こんなシビアな状況でも魚の顔が拝めたので、まずまずの釣行だったのかな。余市川も今回は海アメタックルしか持ってなかったんで、雑な探り方しかできませんでしたが、それなりの装備を持って時間かければ、もっと違った結果が出せそうな気がします。周辺の小河川も気になるところだし、それは次回以降の課題、といったところでしょうか。

帰り道に、同期おすすめのお店「餃子茶屋 あおぞら銭函3丁め」に寄って行くことに。

餃子茶屋 あおぞら銭函3丁め

古民家を改装したお店らしく、レトロな雰囲気がたまりません。

腹が減ってたのでジャンボ餃子定食を注文!餃子はデカイだけじゃなく、職人さんが皮から手作りしているそうで、食べ応え十分。ご飯も盛りがいいので、食べ盛りの学生諸氏にもおすすめです。餃子以外にもフライなどの揚げ物系の定食や甘味もいろいろあるみたいです。

まぁ魚は釣れなかったけど、飯が美味かったのでよしとします!!(笑)

ちなみに…後輩が釣ったアメマスは同期が色々使うらしく持って帰ったのですが、捌いてみたところサケ稚魚を食っていたそうです。そして身の色は真っ赤っか…ということは、海から上がってきて間もない個体だったのかもしれません。たいそう美味かったとかなんとか…