2019.05.29 新緑の支笏湖をセミパターンで釣る!

どうも、いわな坊主です。

ここ2週間ぐらいで、エゾハルゼミの鳴き声が聞こえるようになってきました。本格的な夏が近づいてきたわけですが、支笏湖の釣りがヒートアップするのもこの時期なんですね。ドライフライでのエキサイティングな釣りが楽しめる時期がやってきました。

で、天気も良かったので本日支笏湖へ様子見に行ってきました。

現地到着は10時ちょい前。南風の予報だったはずなんですが…到着してみるとほぼ無風。とりあえず旧有料道路で様子を見てみると、岸にアメマスの稚魚が群れているようで、あちこちでライズが見られます。

風がないなら木が湖岸にせり出してるような場所の方がいいよな~と思い、南岸のトンネル下へ入ることにしました。

新緑が美しいですね。今回はフライで修行です。トンネル前の駐車場に車を止めて、直下の流れ込みの前でやってみることに。前日に巻いたシケイダーをロールキャストで適当に沖に飛ばして流していきます。

今回使ったフライ。ディアヘアをフレアさせてボディを整形している一般的なパターンです。刈り込んでいく作業が結構楽しいんですが、時間がかかるので量産が難しいのが難点です。羽には黒のCDCを使っています。

たまーにアメマス稚魚のバイトがあるものの、まともなサイズの魚からはコンタクトがほとんどありません…

開始から1時間ほど経過し、昼飯にしようかと思っていたら待望のヒット!だか小さい…(笑)

さくっと寄せてランディングすると…

ウグイさんでした(笑)。アメマスだと思ったんだけどなぁ。

一旦昼飯をはさんで、駐車場の直下からトンネルの崖下へ移動。ここはドン深なので大して飛距離が出せない僕でもなんとか勝負になるポイントです。フライを流していくと…

「ガポッ!」

!!!!

即座に

合わせを入れたものの、すっぽ抜けてしまいました。無念。。。

サイズ的には40cmぐらいだと思いますが、今日のワンチャンスを逃してしまいました。

タイムリミットが近くなったので、湖岸に群れている小魚をガサガサして遊ぶことに。

アメマス稚魚とトゲウオがいっぱい獲れました。(笑)

スジエビは姿が見えませんでした。6月入ってからなのかな?あれが浅瀬に入ってくると、お土産が確保できて嫁に言い訳が立つんだけどなぁ。。。