北海道のおすすめライギョタックル!暑い夏は水辺で乗り切ろう!

どうも、いわな坊主です。トラウトばかりに目が行ってしまいがちな北海道ですが、実は札幌近郊でもライギョはあっちこっちに生息しています。近場で遊ぶには格好のターゲット!今回はライギョを釣るための装備について解説していきたいと思います。

北海道のライギョの生態について

日本国内のライギョはカムルチーとタイワンドジョウの2種がいるんですが、北海道のライギョはカムルチーだと言われています。温暖な土地から移入してきたため、活性が上がって釣りが成立するのは夏場になります。早い年だと5月のGW頃から釣果が聞かれることもありますが、ルアーで狙えるシーズンは6月下旬~9月上旬ぐらいまでが目安になります。

水草が茂った場所を好むため、ヒシモの茂った場所を狙うといいでしょう。水面に出ていることも多いので、サイトフィッシングも有効です。

ライギョ釣りのロッドとリール

ライギョ釣りでは一般にこん棒の様なガチガチのロッドを使うイメージがあるかと思いますが、北海道の場合それほどでもないかと思います。というのも、ライギョのサイズ自体が本州と比べ小さく(MAX80cmぐらい)、水草もヒシモばかりなので絡んでも引き抜きやすいため、ライギョ用のロッドでH~XHのパワーがあれば十分です。私はXXHのロッドを使っていますが、完全にオーバースペックで60cmぐらいのアベレージサイズが掛かっても一瞬でぶち抜いて終わりです(笑)。と言っても、バスロッドでは水草に巻かれたら獲れないような場面もあるので、ロッドはライギョ用の物を使いましょう。

リールはラインキャパのあるベイトリールなら何でも構いません。アブなら5500番以上のクラスを目安にするといいと思います。

テイルウォーク スネーキー76XH

ライギョロッドの中では比較的手ごろな値段のロッドです。ネットのレビューを見ていると折れやすい、なんて書き込みが散見されますが、私は今のところトラブルなく使えています。北海道のライギョは池や沼などの広い場所で攻めることが多いので、長めのサイズを選ぶようにしましょう。

アブガルシア アンバサダー6500CS ロケット

ライギョ釣りに一番使われていると言っても過言ではない...かもしれない(笑)。リールとしての性能はシマノのカルカッタやダイワのリョウガに軍配が上がりますが、圧倒的なラインキャパとデザイン性はアブならではです。カスタムパーツも多いので、自分だけの1台を作れるのも魅力の一つ。

ライギョ釣りのライン

ライギョ釣りではPEラインをルアーに直結して使います。北海道では6号の太さで十分です。理由は前項でも述べましたが、ライギョのサイズとカバーの性質からです。もちろん、パワーに余裕がある8号、10号を使っても構いませんが、飛距離は落ちるのでそのへんのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

バリバス 雷魚SMP 6号100m

バリバスのライギョ用PEライン。PEラインって結び目が滑りやすいんですが、このラインは全然滑らずにきちんとノットが決まるのでおすすめです。ユニノットで直結して使ってます。

ライギョ釣りのルアー

雷魚と言えば使うルアーはフロッグでしょう。もちろんカバーが無い場所ではスピナーベイトやミノーなどでも釣れますが、それらはここでは割愛します(笑)。

北海道ではライギョのアベレージサイズが小さいので、フロッグのサイズも小さめのものを選ぶようにしましょう。

ロデオクラフト プチボンバー

エバーグリーン キッカーフロッグ

雷魚はブレードの光にも良く反応するので、フロッグに取り付けてチューニングしてみてもいいでしょう。ただ、スレやすくなる諸刃の剣なので、使いどころは考えましょう。

そのほか必要になるもの

雷魚は他の魚にはない鋭い歯があり、バスのように手で口を開けると大けがをします。昔私の友達が言っていましたが、ライギョをバス持ちしたら噛まれて針で手を縫う羽目になったそうです。口を開けてフックを外すには、マウスオープナーという専用の道具が必要になります。

他の釣りをする人であればプライヤーは持っている人が多いかと思いますが、口の奥まで入れなければ取れない場合もあるため長めのプライヤーがおすすめです。

後はフィッシュグリップですかね。慣れればエラの下側に指を入れて持ち上げることが出来ますが、できない人は持っておくと安心ですね。

あと、何でもいいのでタオルやハンカチみたいな布きれを持っておきましょう。草や木にルアーをひっかけた時、直接手にPEラインを巻いて引っ張ると手が切れて怪我をします。布を手に当ててラインを巻けば、安全にルアーを回収できます。

必要な装備はだいたいこんなところですね。ロッドよりも実はマウスオープナーなんかの方が大事だったりします。本当に素手で口をこじ開けるのは至難の業です。忘れずにフィールドに持っていきましょう。