北海道で狙えるロックフィッシュとタックルについて

どうも、いわな坊主です。今回はロックフィッシュのお話です。ロックフィッシュって最近では割となじみのある言葉になってきましたが、要はソイとかアブラコとかメバルみたいな根魚のことですね。全国にこうしたターゲットは生息しているわけですが、北海道のロックフィッシュは魚種も豊富で平均サイズも大きく、手軽に狙えるため近年人気が高まってきています。今回はそんなロックフィッシュを題材に、適したタックルや装備についてまとめていきたいと思います。

北海道で狙えるロックフィッシュ

北海道には様々なロックフィッシュが生息しており、釣りのターゲットになっています。順を追って紹介していきます。

クロソイ

岩礁に多く見られる魚で、小規模な群れを作る習性があります。4~5月が産卵期で、この時期には50cmを超える大物を狙うことが出来ますが、良く釣れるのは20cmぐらいのサイズです。夜に活発に行動するため、夜釣りで狙うのが一般的です。白身の美味しい魚で、煮付けや空揚げ、刺身、塩焼きなどどんな料理にもよく合います。しかしながら、クロソイは30cmを超えるぐらいからようやく性成熟が始まるので、小さい個体は持ち帰りすぎないように心がけましょう。

エゾメバル(ガヤ)

クロソイと並んで北海道で良く釣れるロックフィッシュの代表格です。ガヤの呼び名の方が北海道では一般的ですが、ガヤガヤと群れている様子が名前の由来になったとか。サイズは大きいものでも30cmほど。漁港の足元やテトラの周りなど身近な場所によく群れています。煮付けやみそ汁にするとおいしく食べられます。

シマゾイ

クロソイやガヤに比べて個体数が少なく、ちょっとレアな魚です。やや黄色っぽい体色で縞模様があるのが特徴です。大きくなっても40cmぐらいでしょうか。パワフルな魚で、ヒットすると良く引きます。

キツネメバルマゾイ)

マゾイの名で知られているソイの仲間です。クロソイと比べると、水深がある潮通しのいい場所でよく釣れます。ヒレが薄っすら青色がかっているのでクロソイと区別がつきます。味が良く、刺身、塩焼き、煮付け、アクアパッツァなど様々な料理に合います。

ムラソイ(ハチガラ)

比較的浅い岩礁帯に生息しています。北海道の個体はオレンジ色の斑点を持つアカブチムラソイと、黄色い斑点を持つオウゴンムラソイの2種類が存在するようですが、共にムラソイの亜種として位置付けられています。サイズは大きくても30cmぐらいですが、パワーがあってめちゃめちゃ引きます。味も良く、刺身や煮付けにすると美味です。

アイナメアブラコ

大きい!良く引く!そして美味い!北海道で人気一番のロックフィッシュです。大きいものは50cmを超え、パワフルなファイトで楽しませてくれます。岩礁と砂地が混じる場所を好んで生息しています。何でも食べる魚ですが、甲殻類を好んで捕食していることが多く、ホッグ系のワームが効果的です。

ホッケ

道民の大好物、干物と言ったらホッケでしょ!味も良く数釣れるため人気のターゲットですが、近年数が減って高値が続いています。分類学上はアイナメの仲間で、冷水を好む種類です。磯などの岩礁帯や、それに隣接する漁港で釣果が上がります。シーズンとしては秋~春までの間で、海アメや海サクラの外道でよく掛かります。

カジカ

ゲテモノ的な外見ですが、とってもおいしい魚です。上の写真はケムシカジカという種類で、他にもギスカジカ、トゲカジカなどなど色々な種類がありますが、ここではひとまとめにカジカとして扱います。基本的に底にべったり張り付いている魚なので、しっかり底を取って釣ることが求められます。テトラの穴釣りでもヒットしてきます。種類にもよりますが、大きいもので50cmを超えるまで成長します。

おすすめのタックル~漁港編~

ロックフィッシュを狙う釣り場として、一番手軽なのが漁港です。漁港を中心に攻める場合、長さ6.6~7.6ftL~MLぐらいのパワーのスピニングロッドがあれば幅広い状況に対応できます。漁港を攻める場合はどうしても小型の魚が多くヒットするため、あまり硬いロッドを使うと正直つまらないです(笑)。また、ロッドが固すぎると食い込みが悪くアタリがあっても掛けられないことが増えてきます。よほど大物に狙いを絞る場合は別ですが、とりあえず何でもいいから魚が釣りたい!って時は上に書いてるスペックをベースにロッドを選びましょう。

FULLRANGE S71ML / テイルウォーク

お手頃な価格帯の商品が多いテイルウォークのバスロッドです。長さもあってロングキャストもできますし、ルアーウェイトも1.75~14gまで対応しているので、幅広い状況にこれ1本でほとんど対応できます。バットパワーもあるので、40cmぐらいのアブラコであれば主導権を握られることは無いでしょう。とりあえずの1本としておすすめです。

ルアーマチック S66L / シマノ

シマノの激安シリーズ、ルアーマチックです。下手な釣具屋の激安ジャンクロッドを買うぐらいならこれを買った方が長く使えます。グリップとか細かい部分の作りは安物感が漂っていますが(笑)、ブランク自体はしっかりしたものを使っていますし実用の上では全く問題ありません。釣り竿ごときに諭吉なんて使ってられん!という方は迷わずこちらのシリーズを選びましょう。

18 ネクサーブ 2500S / シマノ

シマノのエントリーモデルのリールです。私も最近買ってライトエギングやロックフィッシュに使っていますが、ドラグから何から10年前のバイオマスター並みじゃね?と思う今日この頃。正直ロックフィッシュに使うならこれで十分な機能を備えています。上位グレードのリールになるにつれてAR-CスプールやらHGNギアやら、耐久性を高めたりキャストの飛距離を向上させたりする機能が色々付いてきますが、そこらへんは正直趣味の領域なので欲しくなってきてからで十分かな、と思います。まずは安いリールをガシガシ使って釣ってみましょう。

ソルトウォーターVEP 8lb / バリバス

安心と信頼のバリバスのナイロンラインです。ひとまず8lbの太さがあれば、多少の根ズレでもすぐに切れることはありませんし、軽いリグ(3.5g程度)でもそこまで扱いに支障が出ることはありません。最近はPEラインが主流ですが、私はナイロンラインをおすすめします。ロックフィッシュを狙った釣りではどうしても根掛かりが増えがちです。リーダーシステムを組むPEラインだと、根掛かりでルアーをロストした際にリーダーから組み直さなければならないことが多くなり、釣り場でのストレスが増えますし時間も勿体ないです。感度や操作性を犠牲にしても、手返し重視のナイロンで挑みましょう。もちろん、こまめなラインチェックは必要ですが。

おすすめのタックル~磯・テトラ編~

ロックフィッシュのもう一つのフィールドが磯です。磯は漁港ほど魚の数は多くありませんが、平均サイズが大きいのが魅力です。それこそ、良い時期に当たれば半日で40cmを超えるアブラコが何本もヒットすることだって珍しくありません。一発大物を期待できる夢のあるフィールド、それが磯です。当然タックルもパワーのあるものが必要になるので、磯ではぜひともベイトタックルを使いましょう。長さは7.0~8.0ft、パワーはMH~Hぐらいのスペックが目安です。また、テトラポッドの穴釣りでも、太いラインを巻けるベイトタックルは活躍します。

ソルティシェイプダッシュ パワーロック C77H / テイルウォーク

テイルウォークのロックフィッシュ向けのベイトロッドです。適合ウェイトが28gまでなので、北海道・東北の磯であれば普通にカバーできます。また、長さがあるので手前に根がある場合でも、かわして沖のポイントを探ることが出来ます。ある程度広さのある磯で、広範囲に探る釣りで頼りになるでしょう。

HARD ROCKER BB B72H+ / シマノ

シマノのロックフィッシュ専用モデルで、こちらで紹介するのは接近戦に特化したモデルです。上のパワーロックと比べると、短いけどパワーがあるロッドです。磯でももちろん使うことが出来ますが、テトラポッドでの穴釣りや沖堤防の釣りでも頼りになるでしょう。

ソルティーワン HG / シマノ

シマノのエントリーモデルのベイトリールです。ぶっちゃけバスワンやバスライズでも基本的には海水対応しているんで、既にベイトリールを持っているのであれば新たに購入する必要はないと思います。バスワンやバスライズと比べてラインキャパがあるので、太いラインを使うロックフィッシュではやや安心感があるかな~といったぐらいの違いです。

スーパーソフト 20lb クリアブルー / バリバス

磯や穴釣りでは20lbでも切れる時は切れます。フロロの20lbを使えばよりリスクは少なくできますが、フロロのラインは重さがあるのでアクションを付けにくく遠投に向きません。リールを2台持って余裕があるならフロロとナイロンを使い分けることもできますが、1台のリールで勝負するなら操作性と強度の両方でバランスを取れるナイロンラインがおすすめです。

定番のワームとリグについて

ロックフィッシュを狙った釣りでは、ジグヘッドリグとテキサスリグの2種類を使い分けることになります。基本的に根掛かりが少ない場所や底を切ってスイミングさせる釣りではジグヘッドを、底を取って根の周りを徹底的に攻める釣りや穴釣りなど根掛かりの多い釣りではテキサスリグを使用します。

ジグヘッド

ジグヘッドは上のリンクの様なサイトでまとめ買いするとお得です。よく使うのは3.5~7gぐらいです。

テキサスリグ

テキサスリグではバレットシンカーとオフセットフックを使用します。シンカーとフックの間にビーズを噛ませると、アピール度が上がります。アブラコやカジカには効果があるようです。

フックもまとめ売りサイトを活用すると格安で手に入ります。まぁ正規のメーカー品の方が品質は優れていますが、どうしてもロストが増える釣りなのでコストを安く抑えるには越したことがないですね。

使用するワームも色んなメーカーから各種出ていますが、はっきり言って好みで選んで構わないと思います(笑)。自分が釣れると信じられるルアーが一番です。

あえて言うなら、小魚を演出できるシャッドテールタイプ(エコギアのグラスミノーなど)のものと、甲殻類に似せたホッグ系(バグアンツ、パワーホッグなど)の2タイプを用意しておけば大丈夫です。その中で色違い(茶色・赤・グローなど)が何種類かあると更にいいですね。

グラスミノーM / エコギア

良く釣れるシャッドテールの代表格です。私の友人たちもほとんどみんなこれは持っていました。本州のメバルやガシラを狙った釣りではSサイズがベースになりますが、北海道では魚の平均サイズが大きいので、20cm前後の魚が多い場所ではMを、30cmクラスに狙いを絞る場合はLを使うようにします。

ロックマックス / エコギア

大きなテールがひらひら揺れて、フォールでのバイトを誘発します。漁港でソイやガヤを狙う場合は3インチをメインに使い、大型のアブラコやカジカを狙う場合は4~5インチを使います。

バグアンツ / エコギア

ホッグ系のワームの代表格です。甲殻類をよく食べている個体には抜群に効くので持っておきましょう。3インチが食い込みも良く、どんな場所でも使いやすいです。

パルスワーム / バークレイ

強烈な匂いで魚を誘うガルプシリーズのワームです。一発大物に効果的で、カジカやアブラコなどを狙う時によく使います。ボディが固いのであまり動きは良くないのですが...そんなこと気にならないくらい釣れます。やっぱり匂いの効果って大きいんですね~。

その他あったら便利な道具

タモ網

漁港は足場が高い場所も多いので、不意の大物に備えてタモ網があると安心です。ベイトタックルで釣る場合はぶち抜けば済む話なので、無くても大丈夫です。(笑)

フィッシュグリップ

魚を掴むのにあれば便利です。小さいソイやガヤなら口を持てばいいのですが、大きなアブラコやカジカは歯が鋭いので下手に持つと魚が暴れた時に怪我をします。魚の扱いに自信が無ければ、持っておいた方が安心です。

ヘッドライト

これはあったら便利というよりは、夜釣りの必須アイテムですね(笑)。これが無いと話になりません。ロックフィッシュやるなら必ず1つは持っておきましょう。

以上、今回は北海道のロックフィッシュタックルについてまとめてみました。ロックフィッシュは身近な場所で手軽に狙えるターゲットです。ぜひ道具を揃えて狙ってみましょう。