管釣りで爆釣する変化球的なおすすめルアー

2021年1月16日

どうも、いわな坊主です。最近流行りの管理釣り場ですが、魚は見えるもののなかなか釣れない状況って多いと思います。王道的なルアーと言えば、スプーン、クランクベイト、ミノーなどですが、これらは魚たちも飽きるくらいに見ていますのでなかなか反応を拾えないことも多いものです。そこで、今回はそんなスレ切った魚たちを振り向かせるマル秘ルアーを紹介したいと思います。ルアーのバリエーションに限界を感じたら、ぜひ手に取って使ってみてください。

セニョールトルネード

正直言ってこれ1本持っておけばボウズは無いと断言できます!実際このセニョールトルネードは、釣れ過ぎて使用禁止にしてるエリアもあるんだとか。一応使う前にレギュレーションの確認は必要です。カラーは赤が一番反応が良い気がします。使い方は簡単で、指にくるくる巻き付けてらせん状の形に曲げてから、くるくる動くぎりぎりぐらいのスピードでゆっくり巻いてくるだけです。この独特のアクションにたまらずバイトする魚がかなりの確率でいるようです。ただ、ペレットタイム前後などの魚がペレットを偏食している状況には弱いので、そこら辺は臨機応変に考えて使ってください。あくまでほかのルアーで釣れないときの必殺ルアー的な使い方がおすすめです。

ペレットペレット

シュガーミノーで有名なバスディのルアーです。その名の通り、まさにペレット!まさにマッチザベイト!ペレットタイムの特効ルアーです。カラーバリエーションが豊富ですが、釣り場によってペレットの色など違う場合があるので、よく観察してカラーを合わせてやると釣果が劇的に向上します。ただ巻きでも釣れますが、フォール中にあたりが出ることが多いので、着水した瞬間からバイトを見逃さないようにしましょう。

クロボール

こちらはペレットカラーのメタルバイブレーションです。3gなので比較的ボトムを取りやすいです。ボトムまで沈めて、ぴょこぴょこ跳ねさせるようなイメージで使います。魚が沈んだペレットを食べているような状況や、寒い時期で魚がボトムに張り付いているような時に効果を発揮します。スプーンでも同じ釣り方ができますが、巻き抵抗があるため移動距離を抑えられるのでこちらの方がボトムに留めやすいです。

とりあえず上記の3種類と、定番で使っているスプーンやミノーなどをローテーションしながらその日のパターンを探りましょう。時間やペレットタイムなどで状況はどんどん変わっていきますので、今回紹介したルアーに囚われず、あくまでルアーバリエーションの一つとして使ってみてください。きっとスプーン・ミノー・クランクだけの釣りよりも幅が広がって楽しめると思います。それではみなさん、良い釣りを♪