釣ってよし、食べてよし!北海道の冬の風物詩、氷上のワカサギ釣りをやってみよう!

どうも、いわな坊主です。北海道の冬と言えば、海アメ釣りと並んで人気なのが氷上ワカサギ釣りです。手軽な装備で初心者でも始めやすい反面、釣れないときは結構シビアで技術が必要になる場面もあり、なかなか奥の深い釣りでもあります。今回はそんなワカサギ釣りについて、必要な装備や釣り方について解説したいと思います。

北海道のワカサギについて

ワカサギはサケ目キュウリウオ科に分類される淡水魚で、シシャモやチカ、アユなどに近い種類の魚です。各地で放流も実施され、中国地方から北海道まで広く分布しています。主に湖に棲息し、植物プランクトンを食べて生活します。産卵期は北海道だと5月上旬~中旬ごろで、湖に流れ込む小さな川に群れで遡上して産卵します。

白身の小魚なのでいろいろな料理に向きますが、唐揚げ、天ぷら、南蛮漬け、佃煮、甘露煮などにすると美味しく頂けます。

ワカサギ釣りについて

釣りの対象になるのは大きさ5-10cmぐらいのサイズで、本州のものより北海道のものの方がサイズが大きい傾向にあるようです。湖が結氷しない地域ではボートからの釣りが主流ですが、北海道や東北などの冬季に氷が張る地域では、氷の上にテントや小屋を建てて穴釣りを楽しむことができます。

ボート釣りも氷上の穴釣りも仕掛けはほとんど同じで、サビキ仕掛けのような何本も針がついた仕掛けにサシやアカムシなどのエサをつけてワカサギを狙います。氷上で自分でテントを建てる場合は、テントと穴あけ用のドリルが必要になります。

また、ワカサギ釣りが盛んな地域では有料でテントや小屋を貸し出してくれるサービスもあるので、最初のうちは有料の釣り場でやってみると初期投資を抑えることができます。

ワカサギ釣りの道具

冬になるとワカサギ用の道具が釣具屋に出回るようになります。とりあえず1回行ってみよう!ってな場合はレンタルの道具でも構わないと思いますが、ワカサギ用の竿って入門用の物は安いのでシーズンに2~3回行くなら買ってしまった方が安上がりだったりします。

上の写真はプロックスのワカサギ釣り用のセットです。竿とリール、仕掛け、オモリ、そしてワカサギを活かしておく水槽までセットになっています。後は餌があればすぐに釣りができる状態で、お値段も手ごろなのでおすすめです。ばらばらに揃えるよりは安いので、とりあえず道具を揃えたい場合はこういったセット物を活用しましょう。

ワカサギの針についても最近色々な種類のものが出回っていますが、初めのうちは袖針のようなフトコロの大きい針が掛かりも良く魚が外れにくいのでおすすめです。VARIVASの返し鈎が刺さりが抜群に良く、私も愛用しています。針のサイズは1号~1.5号がどの釣り場でもそれなりに通用すると思います。

どちらかというと流行っているのは秋田狐のような細身の針ですが、あれは食い渋った状況で小さいアタリを捉える為の針です。ある程度慣れてきて、ワカサギの小さいアタリが分かるようになってきてから使ってみるといいと思います。

また、ワカサギ釣りの餌は基本的にサシ(ウジ虫)や赤虫などの虫エサで、苦手な人はこれだけで敬遠する方も多いかと思います。しかし、最近はバイオワームのような人工の餌も多く出回っているので、虫エサが苦手な方はこちらのものを使いましょう。

北海道の初心者向けなワカサギの釣り場について

北海道は各地にワカサギ釣り場が点在していますが、ここではテントや道具の貸し出しを行っている初心者向けな釣り場で、ある程度釣果が上がるポイントを紹介したいと思います。

とれた小屋ふじい農場

札幌市北区の茨戸川にある釣り場で、JR札幌駅から車で40分ほどで到着します。寒い冬でも暖房の効いたビニールハウスの中で釣りができるので、寒さが苦手な方でも安心です。屋外でも釣りができますし、自前のテントを持ち込むことも可能で、結構自由度の高い釣り場です。料金もリーズナブルなので、手軽に始めたい方にはおすすめの釣り場です。

また、釣果も結構安定しているようで、100匹を超えたって話も頻繁に耳にします。

http://toreta-fujii.com/fishing/

しのつ湖

札幌の中心部から車で1時間ちょっとぐらいの距離にあります。こちらもビニールハウスが設置されていて、レンタルの道具もあり初心者におすすめの釣り場です。また、ここの一番のポイントは「新しのつ温泉たっぷの湯」がすぐ隣にあることです。寒い日の釣りの後の温泉は格別なものがあります。

土日祝日は事前に予約が必要となりますので、ホームページを確認してみてください。

http://www.tappunoyu.com/fishing/

桂沢湖

札幌から高速道路を使って約2時間ほどで到着する山奥のダム湖です。遠いので行き帰りの運転がしんどいですが、水のきれいなダム湖のワカサギなので茨戸川やしのつ湖のワカサギよりは臭みがなく味が良いので評判です。ビニールハウスはありませんが、テントやイスのレンタルがあるので活用しましょう。

https://www.city.mikasa.hokkaido.jp/sightseeing/detail/00003228.html

朱鞠内湖

札幌から高速道路を使って5時間ぐらいでしょうか。アクセスは悪いですが釣果とロケーションは抜群の釣り場です。今年も1000匹越えの釣果が上がったとか。爆釣を体験したいなら間違いなくここがおすすめです。また、朱鞠内湖では氷上からイトウやアメマスなどを狙うこともできます。詳細は下記のリンクから見てみてください。宿泊施設もあるので泊まりで遊びに行くにはもってこいだと思います。

https://www.shumarinai.jp/fishing/icefishing/icefishing-about/

以上、北海道のワカサギ釣りについてでした。レンタルの道具を用意している釣り場も多いので、手軽に始めることができるので、冬の遊びにもってこいです。まぁ、ハマれば深い沼なので、そこらへんの突っ込んだ話も追々していきたいと思います。